診療のご案内

当院の特徴

みみ、はな、のど様々な病気があります。
当院では、内視鏡や顕微鏡、CTなど最新の医療機器を取り揃えているため
必要に応じて、病気の重症度や治療経過を診ることができます。
こんな症状の時にご相談ください。

診療項目

嚥下機能評価

大学病院にて10年以上、嚥下専門外来を担当しておりました。
この経験を活かし当院でも専門外来を行います。

嚥下機能評価

飲み込みの機能を見るための検査です。
鼻から細いカメラを入れ、
①色をつけた水、
②普段食べている形態の食物
を口から摂っていただき、飲み込みの様子を観察します。
この検査では、口の中から喉に流れてくる食品の様子を実際に見ることができるのが特徴です。

嚥下検査後、ご自身にあった食事の形態をアドバイスいたします。
検査自体は5分ほどで終わります。

嚥下障害の自覚症状

  • 水分をとるとむせこむ
  • 固形物が呑み込みづらい
  • 食べ物が喉の奥に残ってる感じがする
  • 食後タンが絡む
  • 食事中もしくは食後に咳が出る。寝ている間に咳で起きてしまう
  • 食事に時間がかかる。食事をすることが億劫になる。怖い
  • 食べたものが鼻から出ることがある。鼻の奥に入ってしまう
  • 口腔内汚染。口の中に食べ物が残りやすい。

このような症状でお困りの際には、ご相談ください。

嚥下機能評価

いびき 無呼吸

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠中にたびたび呼吸が止まってしまい睡眠が妨げられる病気です。
睡眠中に呼吸が止まってしまうと、呼吸を再開しようと脳が起きてしまい十分な睡眠が得られなくなったり、体に取り込まれる酸素が少なくなってしまうため様々な臓器に障害をもたらしたり、日中眠くなり活動が低下するなど、社会生活に影響を及ぼすようになります。
肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を合併するケースが多いといわれています。

いびきや睡眠時無呼吸症候群に悩む方のためのポータルサイト「無呼吸なおそう.com」

いびきや睡眠時無呼吸でお悩みの方はこちらもご覧ください。

症状
  • 睡眠中に呼吸が止まっている
  • いびき
  • 何度もトイレに起きる(夜間頻尿)
  • 起床時の頭痛
  • 日中の眠気や倦怠感 など
検査

簡易型PSG(スクリーニング)
ご自宅で検査できます。
手の指や鼻などにセンサーをつけた状態で寝ていただき検査します。
(検査機器は郵送で返却していただきます)
※さらに詳しい検査を行い確定診断とする場合もあります。

治療
  • CPAP(持続的陽圧呼吸療法)
  • 口腔内装置(マウスピース)
  • 手術治療
  • 生活習慣の指導
CPAPとは

SASの治療器で寝ている時に鼻マスクを装着し、空気を送り込んで気道を押し広げることにより、のどの閉塞を防ぎ睡眠時無呼吸を防ぎます。
Continous Positive Airway Pressureの略でシーパップと読みます。

いびき・無呼吸

めまい外来

めまいは、体のバランスに支障が出たときに生じます。めまいの種類は様々で

回転性めまい【良性発作性当為めまい症 メニエール病 前庭神経炎 突発性難聴 小脳脳幹疾患など】

目の前がぐるぐる回ったり、物が上下左右にゆっくり動いているように感じたりします。
耳の聞こえが悪くなるものとならないものがあります。

浮動性・動揺性めまい【高血圧 糖尿病などの循環不全 小脳脳幹疾患など】

体が船に乗っているような感覚(ふわふわする)体が空中に浮いているような感覚を自覚します。
歩くと左右によろめくことが起こります。
内科、精神科にお係になっており、薬の調整中の方にもよく見られる症状です。
しかし、この中には耳疾患、脳疾患が隠れていることもあります。

立ちくらみ(眼前暗黒感)【起立性低血圧】

立ち上がった瞬間にくらっと倒れそうになったり頭の中でフワーーという感覚を覚えます。

頭痛性めまい【片頭痛 群発性頭痛 緊張性頭痛】

眼前が暗くなったり、ちかちかしたり頭痛に伴ってめまい感を自覚します。

めまいの診察

問診

めまいは総合的に判断しないといけない疾患です。
1, めまいをどのようなときに自覚したか
2, めまいの持続時間(数秒 数分 数時間 24時間以上
3, グルグル フワフワ
4, 頭痛の有無
5, 意識障害の有無、物が二重に見える。手足のしびれ及び麻痺の有無
6, 顔面神経麻痺の有無
7, 声がかれるなど。
それに加えて、個人個人の生活環境・変化。常用薬。
十分な問診ののちに診察をする必要性があります。

眼振検査

当院では眼振検査を特殊なカメラ(フレンツェル眼振(CCD)にて眼振を観察いたします。

聴力検査およびその他

純音聴力検査にて聴力低下の有無を確認し内耳障害(突発性難聴 遅発性内リンパ水腫 外リンパろう) ベッドに横になっていただき、顕微鏡下にて中耳疾患(急性中耳炎 真珠腫性中耳炎など)を診察いたします。
必要によって、語音聴力検査、耳小骨筋反射 柳原法による顔面神経麻痺評価を行います。

治療
  • 血の巡りを改善する薬
  • ビタミン剤
  • めまいを抑える薬(めまいの性状により変わります)
  • 吐き気を抑える薬
  • めまいに対する不安を取り除く薬および外来診察

わたくしは、めまいを専門とする教授のもと様々な地域から紹介される難治性めまいの患者様から、軽い方まで数多くの疾患を経験いたしました。
この知識を、わたくしおよびめまい学会会員の検査技師とともに地域に貢献したいと考えております。

補聴器外来

補聴器

補聴器外来を希望する方は、まずは外来を受診していただき、補聴器相談医のいる当院にご相談ください。
必要に応じて第一、第三火曜日の補聴器外来の予約をお取りいただきます。

難聴の種類には伝音難聴、感音難聴、混合性難聴があり、先天性のもの、加齢によるものなどがあり、聴力の低下は、注意力の低下、会話の聞き取りの低下、コミュニケーションの低下などにより、生活に支障をきたしてしまうことにつながります。

受診の流れ

  • 当院一般外来受診
  • 耳の診察、各種聴力検査
  • 必要に応じて補聴器外来予約(第一、第三火曜日14:30から)
  • 補聴器外来にて補聴器フィッティング
  • 補聴器無料貸し出し
  • 補聴器購入または返却
症状
  • 相手の声が聞こえない
  • 会話をしているときに聞き返す
  • 後ろから呼ばれると気が付かない
  • 聞き間違えが多い
  • 話声が大きい など
検査

標準純音聴力検査
語音聴力検査

補聴器の種類
  • 耳あな型補聴器
  • 耳掛け型補聴器
  • ポケット型補聴器
補聴器購入にあたって)

補聴器購入費用は医療費控除の対象となりますので、補聴器相談医の資格のある医師に「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」を作成してもらうことができます。
認定補聴器専門店の認定補聴器技能者の方から、補聴器の詳細について説明を受けていただき、希望されれば補聴器の貸し出しなどを行います
効果がない場合は返却することができます。

補聴器

耳鼻咽喉科一般

耳の痛み痒み違和感 耳あか 耳だれ 聞こえが悪い 耳鳴り 耳のつまり感など

くしゃみ 鼻水 鼻づまり 痛み においがしない 臭いにおいがする ほほやおでこが  痛い 鼻水がのどに落ちる 鼻血

咽頭喉頭

のどの痛み痒み違和感 咳 痰 声がかすれる 口の中にできものがある 味がしない 口が乾く 口臭 舌のしびれや痛み 口内炎 のどの違和感 飲み込みにくい いびきなど

顔面神経麻痺

みずがこぼれる 目が閉じない

くび

できものができた 腫れてきた 痛みなど

小児耳鼻咽喉科

当院で可能な検査

聴力検査 ティンパノグラム

めまい

CCD赤外線カメラによる眼振検査

鼻咽腔ファイバー検査 アレルギー検査(採血) 鼻汁培養検査

咽喉頭

喉頭ファイバー検査 咽喉頭細菌培養検査